バルトレックスはヘルペスに高い効果を発揮します。ヘルペスの原因はウイルスでバルトレックスは抗ウイルス剤になるのでヘルペスやウイルスが原因の諸症状に効果があります。

ヘルペスに高い効果を発揮するバルトレックス

ヘルペスとコンジロームの症例の違いとバルトレックス

ウイルスや真菌、細菌といった微生物が人体に感染してしまった場合には、患部の腫れや熱感、痛み、かゆみなどの症状があるのがふつうであり、高熱やだるさなどといった、全身にわたる症状があらわれることもまれではありません。こうした感染症は、症状の違いなどからどのような種類の微生物が原因となっているのかをつきとめて、それにみあった適切な治療薬を投与するなどの方法をとる必要があります。ウイルスが原因となる感染症のなかでも、性器ヘルペス感染症とコンジロームというのは、ともに性器やその周辺の皮膚に病変があらわれるものであり、性行為によって感染しやすい、いわゆる性感染症の一種であるといえます。しかし、両者の症例をみると、いくつか異なる点があるため、一般の人でも症例をつぶさに見れば、判断をあやまることはないでしょう。コンジロームの場合には、性器に小さないぼの集合ができ、あきらかに病気であることはわかるのですが、特に痛みなどはないことがほとんどです。いっぽう、性器ヘルペス感染症の場合には、性器にできるのは小さな水ぶくれであって、つぶれてただれを生じ、痛みをともなうというのが典型的であるといえます。コンジロームは治療方法としては軟膏を塗布する程度で、一般にはメスでいぼを切り取るといったことが中心となります。性器ヘルペス感染症の場合には、抗ウイルス薬としてバルトレックスのようなものがありますので、これを必要な分量だけ服用することになります。ヘルペスウイルスというのは、いったん治療に成功したように見えても、実は体内に潜伏していることがあり、ストレスなどによって再発の可能性もあるため、バルトレックスを予防的に服用するという方法もあります。