バルトレックスはヘルペスに高い効果を発揮します。ヘルペスの原因はウイルスでバルトレックスは抗ウイルス剤になるのでヘルペスやウイルスが原因の諸症状に効果があります。

ヘルペスに高い効果を発揮するバルトレックス

コンドームとトラコマチスとバルトレックス

性行為というのは、他人からさまざまな感染症をうつされてしまう可能性の高い行為であるということができます。そのための予防策としては、コンドームのような避妊具を装着するというのが、簡単です確実性の高いものといえますが、それだけでは予防ができず、結局感染してしまうという場合もないわけではありません。たとえば、クラミジア・トラコマチスという病原体が原因となっておこる性器クラミジア感染症は、性感染症のなかでももっとも多いものといわれています。この病気は、男性は尿道からうみのような分泌物が出たり、排尿するとくに違和感があったりというのが主な症状であって、女性はそれほど症状がない場合が一般的であるといえます。検査によってクラミジアの感染が確認された場合には、抗生物質などを処方してもらって、これによって治療を行うことになります。また、性器ヘルペス感染症というのは、単純ヘルペスウイルスというウイルスが原因となっているものであって、性器の周囲に小さな水ぶくれができ、痛みをとみなったり、つぶれてただれができたりというのが典型的な症状となります。こうした性器ヘルペス感染症の治療には、バルトレックスのような抗ヘルペスウイルス薬を投与するのが一般的であるといえます。バルトレックスは、ヘルペスウイルスが体内で増殖するのを阻害する作用をもっているため、服用すれば症状もしぜんと改善されることになります。ただし、この単純ヘルペスウイルスというのは、いったん症状がひいたとしても、実は体内にまだとどまっていますので、いつ再発してもおかしくはないものです。そのため、ストレスをためないなどの体調管理をしっかりとする必要があります。