バルトレックスとヘルペス

バルトレックスはヘルペスに高い効果を発揮します。ヘルペスの原因はウイルスでバルトレックスは抗ウイルス剤になるのでヘルペスやウイルスが原因の諸症状に効果があります。

ヘルペスに高い効果を発揮するバルトレックス

バルトレックスってなに

バルトレックスとは有効成分としてバラシクロビルを含有する抗ウイルス薬です。
抗ウイルス薬というのはその名の通りウイルスに対して抵抗する力を持っている薬のことですが、バルトレックスは特にヘルペスウイルスに対して効果が出やすいという特徴があります。
そのためヘルペスウイルスに感染することで発症する口唇ヘルペスや性器ヘルペス、帯状疱疹や水ぼうそうといったような症状に対しては広く処方されています。
効果をもう少し詳しく説明しますと、このバルトレックスは体内に入り込んだウイルスの増殖に関係するDNAポリメラーゼという酵素を阻害する働きがあります。
このDNAポリメラーゼはウイルスが増殖する際に必要不可欠なものであるため、これを阻害してやればウイルスは増殖することが一切できなくなるのです。
バルトレックスはこの部分に着目して作られた薬で、服用された後には体内に巣くうウイルスの増殖を妨害しつつ回復を狙っていく形になるわけです。
ちなみにこうした増殖を阻害するということに関して人体に影響があるのではないかという心配を持つ人もいますが、バルトレックスは人間のDNAポリメラーゼには全く影響を与えず、ウイルスのDNAポリメラーゼにだけ選択的に影響を与えるという特性がありますから心配ありません。
飲み方については症状に合わせて医師が指導したとおりに飲むことが基本となりますが、性器ヘルペスに対して処方されたという場合であれば1日2回、500mg錠を1錠飲むことを10日間継続するのが普通です。
バルトレックスは効果の出も比較的早いため体質によっては服用開始3~5日でおおよその症状が治まることになるのですが、ここで服用を中止してしまうとウイルスへの対処が終わっていない状態で終わってしまいますから必ず指定された期間、飲み続けるようにしてください。

■カンジダ症や爪白癬にはバルトレックスよりイトラコナゾール配合の薬がお勧めです
イトラコナゾール
■ヘルペス治療をするならバルトレックスで決まりです!
バルトレックス 通販
■バルトレックスにも配合されているヘルペスウイルスの増殖を抑える効果のある成分
バラシクロビル